読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湾岸SNIPER

湾岸でチヌ(黒鯛)狙うオジサンの備忘録

【遠征】僕はこの目でレジェンドを見た!

f:id:wSNIPER:20160815183444j:plain

*1

先日の野々宮さんとの釣行の後、METALTUNE MS-52UMだとどうしても竿を延ばした時に重たくなるので、ついついMS-53Uを手にしてしまう事に。

そんななか、TwitterでどうせならMSの1本をテレガイド仕様にしてみては?と言う提案にノリノリになっていたところ、あのお方から連絡が。

前回のテトラ前打ち釣行で、実は5mを超える長竿がなくても、穴を狙う前打ちでは十分通用する(長さ的に4.5mとか)事はわかったのですが、それでも長い竿を使わないといけない時に、マルチレングスではどうしても竿を伸ばした時の重さを苦痛に感じていました。

出張の帰り(ようは野々宮さんと釣りをして仕事をした後の帰り)、自分の知っているなかでは落とし込み用品の一番品揃えが多い、名古屋のマルハン釣具へ行き5.3mの前打ち竿を物色しに。
最後の最後までDaiwaかがまかつで迷ったのですが、そこは自称マ教(マングース教)の信者。だまってなにも迷ったフリせずにMS-53Uをお買い上げ〜

物欲自慢Tweetをすると、自分の中ではこれまた有名人のBAYSIDE SNIPERタケさんがテレガイドにしてもイイかもよ♪と。
そう、前回の釣行で野々宮さんの竿を見てしまった自分は、この竿をいつかテレガイド仕様にしようと画策をしていたのです!
そんな改造の会話をしていると、なんと神様からのお告げが。

「テレガイドの竿に興味があるのであれば、関西まできたまへ!使わせてあげようじゃないか ガハハハハ」(実際はもっと丁寧なメッセージだったのですが、なんかガハハハと見えて...)

いや、もうそんな事言われたら断る理由はありません。
親孝行な息子は(しつこい)さっそく実家に電話し宿の確保。

そして、遂にあのお方に会う事に!!

  

f:id:wSNIPER:20160816135125j:plain

釣行前日、自分の中で想定もしていなかったのが、なんと神戸では花火大会。
と言う事で、急遽親族の集まりに"釣りのためだけに来た息子"も参加したのですが、案の定飲み過ぎ...
翌日の釣行が不安でしたが、なんとか酔いをさまし現場に到着。

 

するとそこには立派な髭を蓄えた、見るからに近寄ってはいけないオーラを放つ優しい顔をされたお二人が。
そう、今回はスペシャルゲストとして釣りにハマってます!!ローレルさんも参加される事に!
※(その時の心の心境など書きたいのですが、また旅の思い出が長くなるので割愛)

挨拶も程々にマングースさん案内でまずは目印ポイントに!

そして案内された場所は、そう!いつも見るあの光景!!あのポイント!!!

f:id:wSNIPER:20160815191630j:plain

*2

野々宮さんのブログでよく見かけるポイント!
もう、釣れる気しかしません。

写真には写っていないですが、先行者は同業も含め数人。
同業、あれ?野々宮さん?
はい、本日二人目のスペシャルゲストは野々宮さんです!
こんなにも早く再開できるとは!!

状況を聞いてみると、キビレ多しとの事...

と、弱気な事も呟かれていましたが、その後ちゃんと釣られてましたよ〜

 

釣り開始前、マングースさんが丁寧にこの堤防の形状を説明してくれます。
今の状況での探り方や狙い目など、それはそれは丁寧に丁寧に教えてくれます。
そんな説明を聞いてしまうと、心の中ではいつものように「なんだか釣れそうな気がする〜」と吟じてしまいます (;・∀・)

 

釣りを開始して数投。
とまってチョロッと走るアタリ!
が、アワセ失敗...
貝グチャに (T . T)

f:id:wSNIPER:20160815192323j:plain

*3

ふふふ
この画像を見て、このシールが欲しいと思った貴方!
残念ですが、このシールは非売品です。(野々宮さんもねだってました(笑)

そしてこの竿!そう、この竿こそT-45UMをテレガイドに改造されたBJ!
それもガイドを交換されただけではないのです。穂先までチューンナップされています!!

そう、今回の釣行ローレルさんに会うのが目的ではなくこの竿を使わせて頂くための釣行なのです!
今回は落とし込みで使いましたが、聞き合わせの時になんとも言いがたい魚信をキャッチしてくれます。
ただ、残念な事に本領の糸出しのスムーズさの恩恵を受けるテトラ前打ちでは使えなかったので、そこについては次回に持ち越しです。
なので、自分のMS-53Uの改造についても次回以降釣行以降へ持ち越しへぇ〜

 

さてさて、先行していたマングースさん
「ようアタル!湾岸さん先に行って釣り!」
なんて、優しいのでしょう。
仏様(勝手に殺すな)って本当にいたんですね!!
と思いながら先へ進みます。

すると、なんと言う事でしょう(ビフォーアフター)!
ガツンと停まり、チュッと走るアタリ!
すかさずあわせると〜
Oh〜キビレちゃんでした...
でも、良い感じの気配が続きます。

f:id:wSNIPER:20160816113230j:plain

ふと気がつくと、マングースさんは遠い彼方へ。
一瞬上界に帰られたのかと思いました。
やはりテンポが違います。

 

そんななか、ローレルさんもしっかり竿を曲げています!
おやおや、後ろでは顔面真っ黒な(塗りつぶしました)野々宮さんが写真撮影。
皆さ〜ん、これがくろこう.netの裏側ですYO!
※因みに、ポージングを野々宮さんに色々指定されていローレルさん(笑
※これは、やらせではなく、仕込みです。

f:id:wSNIPER:20160816113246j:plain*4

 

朝一はキビレが多く少々不安になってましたが、満潮を迎える頃からは黒鯛のアタリが増えてくれて、

f:id:wSNIPER:20160816113300j:plain*5
Geeeet!

f:id:wSNIPER:20160816115631j:plain

マングースさんに、例のポージングをレクチャーして頂き1枚パシャリしてもらいました。
(本家に写っている写真と若干の差異がございます。若干ね。)

 

まだ続きますよ〜

f:id:wSNIPER:20160816113316j:plain

 

その後、少しアタリも減りマングースさんとしばしの談笑タイム!
色々聞きたい事含め、お話しを伺わせて頂きました。
一番疑問であった、なんで僕(ら)にこうして色々と積極的に色々と教えてくれるかも。
ま、色々書くと薄っぺらくなるので。
「今、落とし込みにのめり込んでいる(若者)諸君、もっと精進したまへ〜!そうする事で落とし込み師全般が幸せになれるよ💙」(超意訳すのであしからず。)
皆さん、情報発信含めて、この釣りを盛り上げていきましょう!!

 

と、色々話している我々に近づいてきたローレルさんに

三角波出てるねんから釣れや!外向きで!」

確かこの時、マングースさんとローレルさんは2回目の釣行のはずですが、前回の釣行で免許皆伝してもらった事もあってか、もうすっかり師弟関係なお二人(要は既に扱いが雑)
微笑ましいですね〜
ローレルさんも師のおっしゃる事をガン無視してしっかり自分の中で整理し、そのまま内向きで釣られておりました。
いやぁ〜羨ましいですね〜この関係💙
その後も、僕には至って紳士的なマングースさん。
談笑は続きます。

まだまだ色々聞きたかった事もあったのですが、周りがまたアタリ出したので、釣行再開です。
キビレちゃんは割愛しますが、アタリはその後も続き、

f:id:wSNIPER:20160816113335j:plain

午前中最後の黒鯛!

マングースさんが「誰かが1匹釣ったら終わろう!」と仰せになり、皆真剣な眼差しで釣りを続けます。
ただ、やはりこう言う時になかなか釣り上げる事ができません...
程なくし、"やはり"と言う感じではありますがマングースさんが立派なキビレ(40cmオーバー)を釣り上げ、午前の釣りは終了〜

今回は場所もよかった事もあり、前半は良い感じにスライダーが決まってくれました。
ただ、潮の流れが変わってからはスライダー決まらず、アタリが遠のく事に...
こう言う時に自分の未熟さを痛感すします。

 

お昼休憩(実はこの時間が一番楽しかったかも!(笑 )を挟み、14時頃から午後の部開始です。

ド干潮は15:30頃だったのですが、「ド干潮前に1チャンありやで!」の一言で私とローレルさんはメラメラしかしておりません。

開始早々、マングースさんが横についてくれます。

有料メソッドは出てきませんでしたが(と言うか、横で指導して頂ける時点で有料のような...)、狙う場所、餌のサイズ、糸の張り方等を丁寧に教えてくれます。
前回の野々宮さんのアドバイス、今回のマングースさんのアドバイスを思い出しながら、穴を徹底的に探っていきます。

午後の部最初に使ったのはMETALTUNE MS-52UM。
そしてしばらくするとMETALTUNEの穂先をグイグイ押さえ込むアタリが!
が、しかし半分餌を残された状態で竿に乗ることなく...
メタルな穂先のコツコツ感が手元に伝わる感じがなんとも言えませんね〜

餌をしっかり付け直し、近くの穴を再度探ると〜

f:id:wSNIPER:20160817134240j:plain

Geeeeeeeetです!

噂には聞いていましたが、テトラでの黒鯛の引き、やばいっす!!ぱねぇっす!!!
この日はアドバイス通り道糸4号、ハリス3号と今までに使った事もないような仕掛でしたが、掛けたらその意味がよくわかります。
焦らず、タックルの強度を信じてなんとか釣り上げる事ができました。
そら、皆さんこの引き味わったらテトラ前打ちにはまりますわ〜

その後も、灼熱の中釣りを続けますが、あまりにも熱いので自分はいったんBASEに戻って休憩する事に。
そんななか、二人の釣りは続きます。

f:id:wSNIPER:20160816124114j:plain

*6

ただド干潮後はアタリが遠のいてしまったらしく、お二人もBASEへ帰還。
するとすかさず「湾岸さん、1枚釣ったら休憩やめてすぐもどるわぁ〜(要はハヨイケ!!と)」とマングースさん。
この熱い中、クーラーから既に出たくない状態になっている私に厳しい命令が。

師の言葉には逆らえません。
素直に従い戦場へ赴きます。

さて、先ほどまではMETALTUNEでしたが、せっかくなので今回NewなロッドBJ SNIPER MS-53Uで出撃!
アタリが遠のいたせいで同業者ゼロの状態で釣り開始です。
が、風がさっきより強くなってる...
風が強くなると...そう、ロングロッドは不利です凹
なんとか竿を片手で支えながら攻めていきますが、場所移動の際に横風をもろに受けるので竿の重たさが4倍ぐらいに感じられます...(ヽ´д`)ハァ-

「ローレルさん、今頃クーラーの中で有料メソッド聞いているんだろうなぁ〜」とか思いながら攻めていると、MS-53Uの穂先をグググと3段締めするようなアタリが!
ここはどうしてもバラす訳にはいきません!そう、クーラーの中で休んでいる二人を戦場へ連れ戻さないと行けないから!!
何度か危うい場面もありましたが

f:id:wSNIPER:20160816125159j:plain

なんとかGet!!!
フフフフフ(`・ー・´)ドヤ!と心の中で思いながら、BASEの方に目を向けると、戦地に赴く準備をしている二人が見えます(笑
『少ししか休憩させてあげれなくてごめんねぇ〜』と心の中で思いつつ、今にもニヤツキそうな顔をなんとかポーカーフェイスに保ちながら釣り再開です。

釣りを再開した頃には同業者も一気に増え、潮通しが良いポイントは取られてしまったため、ド干潮前にアタリが多かったポイントに戻り
攻めます。

攻めます。

攻めます。

しばらくすると、押さえ込むようなアタリがありますが、乗せる事ができず...
あきらめず

攻めます。

攻めます。

すると、少し沖の穴でドン!と1段締めのアタリが。
ガッツリあわせますと

f:id:wSNIPER:20160817134334j:plain

やってきました!本日午後の部3枚目!!
いや、ほんとテトラ前打ちタマリマヘン!!!

釣りを続けようかなとも思ったのですが、風はやまず、相変わらず長竿に苦難している状況でしたので、ここはせっかくなのでマングースさんの釣り方を観察してみる事に。(3枚釣れて余裕ぶっこいてたわけじゃないよ!)

f:id:wSNIPER:20160816134915j:plain

 *7

ここからはあくまでも主観です。
あと、敬意を込めてマングースさん(神様・仏様)をここからは櫻井さんとします。

まず釣り方を見ていて思う事は、一つ一つの動きがすごく丁寧なのです。
仕掛を入れる時、糸を送る時、仕掛を上げる時。
自分であればついつい適当になってしまうところも、すごく丁寧な動きで攻めていきます。

あと、怪しい魚信が伝わった時なのか、必ず餌を確認。
自分の場合、遠目から餌の状況を確認しますが、櫻井さんの場合にはちゃんと手に取り、餌を360°丁寧に確認しています。
たぶん、単に餌が噛まれたかだけではなく、その餌の状況からなにかを判断されているのかと。
自分の場合は概ね『あ、貝グシャ』で終わってました...

そして、なんと言っても釣り方がカッコいい!!(*゚ー゚*)ボッ
釣り方が丁寧な事と相まって、その釣りをする姿がカッコいいのなんの。
たぶん、これを読んで頂いている方の多くが、あのちぬ倶楽部の動画を見てそう思われたのじゃないかと思います。
『カメラを意識した釣り方なんじゃないの〜?』とお思いのそこの貴方!!目の前で見てもあのままでっせ〜
ご尊顔もサングラスをかけているとあのまま厳ついですが

この日も多くの前打ち師の方々が、同じ釣り場で竿を出していましたが、オーラ含め櫻井さんに敵うものはおりませんでした。

(あと、運良くアタリからアワセまでの瞬間を見る事ができたのですが、ここは秘密でウフフ)

とまあ、後ろから釣り方を拝見させてもらった感想をツラツラと書きましたが、姿だけではなく、今回の釣行全体で思った事。
それは圧倒的にアタリの回数が人より多いです。ま、それは落とし込み・前打ちが上手いで有名な方なので、当たり前と言えば当たり前。が、しかし、しかしですよ、今回一番驚いたのは、上手いだけでなく基本デカイ黒鯛を掛けます。キビレでも基本デカイのを掛けるのです。
釣れる魚の大きさなんて運と思っていた自分ですが、明らかに何かが違います。
アタリを作り出す腕の差はもちろん、それ以上にデカイ黒鯛に口を使わせる、未知の世界の技を持ってる。そう思うしかありませんでした。

 

日暮れ前、アタリも遠のき、この日は納竿〜
午後の部も無事に釣る事ができ、ホッとしながらも、私とローレルさんはもうお互い次の釣りの事ばかり考えてました(笑
いやぁ〜皆さん、こんなに素晴らしいフィールドが近くにある事が羨ましいです。

 

さてさて、この後、ローレルさんも30cmタモ枠をゲットし、30SNIPER’sが結成される事になりました。

ええ、そこの貴方、30cmのタモ枠持っていると勝手に30SNIPER’s加入ですから!

 

それにしてもお三方、ブログの更新が早いです。
遅くても翌日には...

baysaid-walker.blog.eonet.jp

 また皆様、宜しくお願いします!!

 

■落とし込み仕掛
ロッド :Daiwa BJ SNIPER T-45UM BLACK STALKER MODEL
リール :Daiwa BJ75D
ライン:ナイロン 2号
目印仕掛:ナイロン(1.5号/5mmパイプ/25cmピッチ/2.5m)
ハリス:クレハ Seaguar Grand Max 1.2号
針 :伊勢尼 9号(糸オモリ・内オモリ)
餌 :イガイ

■前打ち仕掛(1)
ロッド :Daiwa BJ SNIPER METALTUNE MS-52UM
リール :Daiwa BJ75
ライン:ナイロン4号
ハリス:クレハ Seaguar Grand Max 3号
針 :伊勢尼 9号(外オモリ)
餌 :イガイ

■前打ち仕掛(2)
ロッド :Daiwa BJ SNIPER MS-53U
リール :Daiwa BJ75
ライン:ナイロン 3号
ハリス:クレハ Seaguar Grand Max 2.5号
針 :伊勢尼 8号
餌 :イガイ

 

そうそう、野々宮さん、BJ75買ったけど、やっぱ僕はBJ75Dの方が好きだ〜( ・o・)

 

*1:テトラに挑むレジェンド

*2:颯爽とポイントに向かう二人

*3:櫻井さまTUNE BJ 

*4:くろこう.net × ローレルの釣りハマってます!!

*5:with Vソール

*6:新しく上り下りし易い梯子が付いたAのMで戦い続ける二人

*7:見よ!これがレジェンドの釣り方だ!!