読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湾岸SNIPER

湾岸でチヌ(黒鯛)狙うオジサンの備忘録

【遠征】思い込みで失敗した KOBE Day2

5防 チヌ 神戸 落とし込み 神戸湾奥

f:id:wSNIPER:20160912152311j:plain*1

神戸遠征2日目、今日はローレルさんも朝から参加して頂き、午前は神戸湾奥に、そして午後はこの頃調子の良い5防へ行く事に。

遠征前、テトラでの釣りも希望していたのですが、目印が調子の良い時期に目印やらずにいつやるの!?(今でしょ!小声)と言う事もあり、今日は終日目印修行となりました〜

※本日は、気分的に、一部スターウォーズ風です。

AM7:30 今日は満潮が9時前という事もあり少し遅めの集合。
今日も見た目柄の悪いお二人が仲良くローレルさんの車で集合場所に。
以前杯を交わしたローレルさんは、完全にマスターマングースの弟子と化してます。

さて、マスターマングースの提案で午前は神戸湾奥で目印の練習をし、午後の便で沖の5防へ渡る事に。
5防については、昨日は15時便でちょうど良い地合にあたったので、そんなに早く渡る必要も無かったのですが、前日のように太刀魚集団がまた押し寄せるかもと言う事もあり、この日は早めの船で渡る事に。

 

さて、まずやってきたのは昨日の対岸の波止。
この頃モモさんがよく釣られているであろう場所です。

到着後、さっそく仕掛の準備をしていると、マスターが一言

「俺竿ださへんで横で見とくわぁ〜 ( ´Д`)y━・~~

なんと言う事でしょう、我々の釣りを横で監視観察すると...
緊張しかありません (((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

さて、準備もそこそこに、東側堤防付け根より釣行開始です。
潮は若干スケ気味ですが、風があるので昨日の開始時点よりマシかなぁ〜と思いながら落としていきます。
私より少し離れた停泊中の船の周りを攻め始めたローレルさん。
マスターマングースの鋭い監視目線がローレルさんに注がれます。

『ロ氏(ローレルさん)身体がちがちやんw』と思いながら自分も攻めます。

自分が停泊中の船に到着した頃には二人とも堤防の先端の方へ移動してます。
停泊中の船の間は既にローレルさんに探られてしまっているため、船尾の方へ移動。

すると、一人のお散歩中のお兄さんが声をかけてくれます。
「昨日、神戸渡船に乗ってませんでした?」
え?と思いながら話していると、なんとお兄さん昨日の太刀魚集団の中にいらっしゃり、僕らを目撃してたそうです。
ただ、このお兄さん、ただの太刀魚フィッシャマンではありませんでした、なんと昨日の朝ここで落とし込みやっていたと。
そう、昨日対岸から黒鯛様を掛けている姿を目撃したのは、このお兄さんだったのです!!
今日は釣りをするのではなく散歩だけだったようですが、また神戸湾奥でお会いできるの楽しみにしています!!

お兄さんと別れた後、少ししたところで止めのアタリ!
おぉぉぉ!!!
と思いましたが、なんか軽い...
はい、黄色い不良さんです。

f:id:wSNIPER:20160912152640j:plain

*2

ま、とりあえず釣れたので少し気持ちが楽になります。
あの二人は何処に行ったんだろうと、先端の方に目をやると二人はもういません。
先端の方には同業の先行者の方が一人。
とか思っていると、ガッツリ掛けてます!!
『おぉぉぉ〜おるやん』と思いながら自分も落とし続けると、チュッ チュと言う若干走るようなアタリが!
ガッツリあわせます。
今回は重量感もあります。
が、昨日と同じ事をやってしまいました...
そう、タメ過ぎ。糸出さなすぎ...
また、昨日のようにフワッと竿が軽くなります...
自分への怒りで、若干身体が震えていたように思います (# ゚Д゚)q))プルプル

自身へのへの怒りを抑えつつ、探り続けます。
先ほど前を釣っていた同業者の方は南面へ。
すると、また掛けてます!
前の方、黒鯛様がいるという勇気を与えてくれます。

自分の方はそのまま探り続けるもアタリ無し。
先ほどの同業の方が掛けていた南面に到達します。

するとまたチュッと走りのアタリが!
今度もバシッ!とあわせます。
そして二度と同じ過ちを繰り返さないよう、今度は糸を遠慮無く出します!
出します!
巻きます!
出します!
巻きます!

『ふふふふ❤️切れない❤️』

巻きます!
巻きます!
相手も弱ってきたようです。
水面間近で最後に
出します!
そして勝負あり!
黒鯛様無事に確保!!

f:id:wSNIPER:20160912152805j:plain

苦節二日、やっと神戸湾奥で黒鯛様ゲットです!!

ウキウキ気分で引き続き南面を攻めるも、またアタリが遠のきます。
先ほどの同業の方は納竿されたようで帰路に。

そうこうしていると、先行していたマスターマングースとローレルさんが戻ってきます。
状況を聞いてみると黄色い不良が2枚と。
どや顔で言ってやりましたよ「キビレをカウントするなんてまだまだやなぁ〜( ´Д`)y━・~~」とΨ( `▽´ )Ψ
嫌なやつです。まったく...

しばらく攻め続け、西面を攻め始めた頃、ローレルさんの釣り方が変わります。
「バンバンあたるけど、アワセれない!」
なにやってんだ?と思い、ローレルさんの釣りを見ていると、穂先にガンガンアタリ!( ・o・)

どうも、マスターマングース袖の下を渡し新たな釣り方を習得したようです。

羨ましそうな顔してマスターマングースの方を見つめていると、見かねた師が

「かしてみ。オモリも!」

と私の仕掛に細工をしていきます。

「あと、餌」

すると、なんと言う事でしょう!
イガイ(カラス)にとんでもない事を始めるじゃないですか。
『あぁ〜暑さでおかしくなったのかな?』
とか思っていると、

「ほな、フガフガしながらフガフガ落としてみ-y( ´Д`)。oO○

とマスターから指示が。
暑さでおかしくなった人を刺激してはいけないと思いつつ、師の仰せの通りに仕掛を入れていきます。

入れます。

すると2投目、ガツガツ!とアタリが!
へ?( ・o・)( ・o・)
と思いながらアワセると、重みが竿に伝わりますが、直後にラインブレイク orz
今回はハリスと目印のつなぎ目から...
仕方ありません。
が、なんなんだこの釣り方。
今までに経験した事がない釣り方。今までアタリがなかった状況で、ガンガンアタリが出ます。
呆然としながら師の方を見てみると
「な、これが有料メソッドやで〜( ´Д`)y━・~~」(ドヤ顔)
と。そして続けて
「アタリがなければ作り出せ!
もうね、その言葉かっこよすぎます。チビリそうになりました(トイレ行きたかっただけなんですけどね。)

仕掛が切れてしまったので、今度はマスターの見よう見まねで先ほどと同じ(ような)仕掛を組んでみます。
そして攻めるのですが、アタリでない (@_@;)

仕掛なのか、餌なのか?
何度か変えますが、アタリが出ません。
仕掛をもらった時に、せめて沈み方だけでもちゃんと見ておけばよかったと後悔します。

その後も指導を受けながら、朝一番の位置まで戻りますがそのまま納竿。
午前中は黒鯛様も釣れてよかったのですが、あの衝撃的な釣り方を教わった事、あの衝撃は、このブログを書いている今でも鮮明にそして再び興奮する程の衝撃でした。
恐るべし...

そして車に戻る道中、お二人と話している中で
「前で釣っていた人、ようさん掛けてましたよ〜」
と自分が言うと、お二人「へ?」と言う顔。
そしてマングースさん
「あれ、モモちゃんやで〜あ〜まだ面識なかったんかぁ〜言うてくれたら紹介したのに〜( ´Д`)y━・~~

へ?「紹介したのに〜」ちゃう!2人とも遠くにおったやないかぁ〜 (>_<。)

そしてモモさんに挨拶ができたのはその後のTwitterで...
俺、どんだけバーチャルやねん!
モモさん、次回はリアルでご挨拶させて頂きます!!

そんなモモさん、後日ブログを見ますと、あっちゃ~チヌ虐めすぎでしょ(´Д`)ハァ…
(羨ましい)

churashima.xyz

 

その後、餌取りをしたり昼食を取っているとあっという間に出船の時間です。
乗船の準備をしていると、マスターマングースが徐に

「俺、今日、倶楽部の正装でいくわ!」

と言い、後ろを振り向くと

f:id:wSNIPER:20160912153833j:plain

なんと、黒い鯛焼きに"潮友会"と書かれたTシャツをお召しになってるじゃありませんか。
黒い鯛焼きがお茶目です(笑

さて、12時の船に乗り込み、目指すは昨日に引き続き5防へ。
昨日とは打って変わり、船はガラガラです。
堤防に到着するも、遠くに1人だけ見えるだけで、どうもほぼ貸し切り状態のようです。

それにしても、昨日以上の暑さです。
ここまで熱いと、命の危険すら感じます...

さて、仕掛の準備を行い、さっそく釣り開始です。
皆、各ポイントへ散らばります。

昨日は風もあり、4mの長さに竿を延ばして使っていた事もあり、本日はTH-45で台船から攻め始めます。
マングースさん曰く、ランクBの台船から探りますが、昨日とは違いアタリが出ません。
台船をいくつか攻めますが、アタリが全然出ません...
昨日よりドリフトは決まっているつもりなのですが...アタリが全然出ません......

仕方なく、南面を攻めてみる事に。
こちらもアタリません。
水分補給したいなと思い、ベースに向かいながら南面を
攻めます。

攻めます。

攻めます。

ドン!はい来ました〜
目印が沈み終わるか終わらないかぐらいで、なんとも言えない違和感のあるアタリ。
因みにこの日は3mの目印を使っていたので、かなり深めでアタリました。

その後も南面を攻めると、アタリが続きます!
昨日の教訓を生かしつつ、適度に糸を出しながらやり取り~💓

f:id:wSNIPER:20160912154038j:plain

そんななか、何匹目かを掛けた時、タモを持ち歩いていない事に気がつきます :(;゙゚'ω゚'):
周りを見ても、遠くにしか助けを呼べる仲間はいません...
とは言え、ごぼう抜きできるサイズでもなく...
しかたないので、竿の曲がりとか余裕ぶっこいて撮影してみたり。

f:id:wSNIPER:20160912154255j:plain

*3

そうこうしているとマスターマングースが近づいてきたので、思いっきり手を振り(どんだけあつかましいねん)、近づいてきてくれたマスターに恐る恐る一言。

「タモ貸して~

ええ、心の中では死までも覚悟していましたが、快く貸して頂く事ができました。
マスターマングースのタモで黒鯛様をすくうだなんて、世界広しと言えどもそうそういないのではないでしょうか( ー`дー´)キリッ

その後も、南側の面では皆アタリが続きます。

それにしても、マスターマングースはいかなる時も、やり取りの姿が美しいですね💓

f:id:wSNIPER:20160912154952j:plain

もう一人の方はと言うと...

f:id:wSNIPER:20160912155034j:plain

┐(´∀`)┌ヤレヤレ
私と同じでまったくもってマダマダと言う様な感じのやり取りです。
お互いに精進しましょうね~💔

 

日が少し傾いてきた15時ごろ。
外側ばかりアタリが出るので竿をF-40に変えます。
(F-40、なんやかんや一番好きな竿かも💓)
そう、この時点で心は南面一択です! ← これが間違いの始まり...

昨日も東側でけっこうアタリが出たので、今日も南面東側に向かい進んでいきます。
はじめの方こそ黒鯛をキャッチできたのですが、その後アタリがなくなります...

時間は既に17時。
良い感じに陽は傾き、昨日であれば入れてはアタリの時間です。
が、アタリがない...
もう、近くの台船を探って見るもアタリが出ません...

迎えの船は昨日と同じく18:30頃。
ベースに戻りながら落としていきます。
ただ、東側はまったくダメ。

少し時間があるうちにベースに到着したので、前半にアタリが多かったポイントを攻めます。
西側から戻ってきたマングースさんとすれ違うと、またデカイMΦNSTER釣り上げてるじゃないですか!Σ(・∀・|||)ゲッ!!

あと残り15分というところで、また深場で怪しい目印の動き!
アワセと瞬間にドン!と乗ります。

なんとか最後に1匹追加できたので、皆の元に戻ると、なんとローレルさんまでMΦNSTER上げてるやないですか!!!( ゚д゚)、ペッ

私の釣り上げた自称ロクマルを並べて記念撮影...

この日、夕方前頃からは圧倒的に西側、とくに台船側がよかったようです。
一つは、風が良い感じに吹き始め、台船にあたる波がバシャバシャし始めた事(酸素がまわりはじめた?)。
あと一つは、全然自分でも気がつかなかったのですが、潮が悪い状況の後、風などで改善の傾向が出てきた場合、深場よりも浅場の方が回復が早いと師から教えて頂きました。
なるほど~ φ(・_・
周りの状況を観察するのはほんと重要ですね〜 

因みに、この堤防に上がっていたもう一人のお客様。
なんと、このお方もMΦNSTERを釣り上げているじゃないですか!!!
そう、午後、この波止で50cmオーバーを釣る事ができなかったのは私だけ...
なんとも言えない敗北感...
一人船のうえで涙をぬぐいます (ρ_;)

f:id:wSNIPER:20160912160551j:plain*4


下船後、今日の反省会をかねて皆で雑談。
今年、この釣りを始めたばかりの頃は、ほぼ一人での釣行だったので、実はこう言う時間が一番楽しいと感じていたりします。

あ、そうそう、MΦNSTERを釣り上げられなかった僕は、灼熱で水分がすっかり抜けてしまった皆様に、冷たい冷たい飲み物を自ら率先して振る舞いましたとさ〜 (*`ロ´ノ)ノ
(アプリコットの恐怖...ここにアリ...)

雑談も終盤、マスターアプリコットマングースより次回はなにをしたいかと聞かれます。
ローレルさんはこの釣りを始めるきっかけはヘチ釣りだった事、自分もヘチには興味があった事から、次回はヘチ修行をして頂けると言う事に!
これは急いで出張の調整をしなくては!!

 

そして帰京後、Twitterで事件が起きます...
なんとマングースさん怒りを露わに ((((( ;゚Д゚))))) (←この話は全て洒落ですよ、洒落)

実は、野々宮さんローレルさんがチヌ駒Xをあまりにも過小評価するため、怒りを爆発させます。
そしてついには、師自らチヌ駒の汚名を返上するために、当面チヌ駒Xで釣りをされると。(ほ、ほんまかよ...)
師の怒りを収めるためにチヌ駒Xを急いで購入するも、なぜかとばっちりが自分だけに師から

Tweet:「湾スパさん、こんど来る時、チヌ駒以外のリール全部預かるからね!
では、おやすみなさいzzz」

(((( ;'Д' ))))
なんと言う事でしょう、野々宮さんやローレルさんではなく、俺?σ(´・_・`)

もう何処まで本気なのかわからない呟き...
そしてそのまま寝るという暴挙

果たして次回の釣行はどうなる事やら。
(実は逃げた方が良い?ε=ε=ε=ε=(ノ;゚Д゚)ノ )

f:id:wSNIPER:20160912160930j:plain

とまあ、Twitterでチヌ駒を肴に盛り上がっていたのですが、ローレルさんからチヌ駒の在庫について

Tweet:「みんなで、チヌ駒X使いましょう\(^o^)/
メーカーには在庫ないみたいで、店頭在庫のみらしいです
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*」

完全に師に火を付けてるのはコイツこのお方だな...と思いつつも、別の思いが。
と言うのも、チヌ駒についてはDaiwaの落とし込み製品では入門機的な位置付けの製品、確かSHIMANOももうこの価格レンジの製品は投入していなかったと。
ブログを読んで頂いている方の中にも、「初めて買ったリールだ!」と言う人もいるのではないかと思います。

そんなチヌ駒X200も発売されてから結構な年月が経ってます。
それを感じさせるのが添付されている説明書。なんとまだ会社名がダイワ精工なんですよね!

f:id:wSNIPER:20160912165434j:plain

確かに、入門機だけあり、フラグシップ製品とは違う操作性の問題はあるのかもしれません。(だからこそ、釣り人は、さらに上位機種に手を出したくなると言う沼に突入するわけですがw)
ただ、大手メーカーから落とし込みというジャンルの入門機がなくなってしまうと、ますますこの釣りの未来が不安に...
メーカーも収益を上げる事ができないジャンルに投資をするのはなかなか難しい事だと思いますが、それでもまだまだ落とし込みに入門してくる人達が少なからずいる状況でもあります。
確かに、他のメーカーで大手以上に低価格な製品を出しているところもありますが、やはり大手メーカーが入門機から手を引いてしまうと、今まで以上にこの釣りへ入門する人達の間口が狭まってしまうのでは。。。と、素人ながらに要らぬ心配をしてしまいます。

この後増産されるのか、それとも新機種が出るのか(←これが一番嬉しい!!)。
このまま終息してしまう事が無い事を願っています。

 

■落とし込み仕掛(午前)
ロッド :Daiwa BJ SNIPER F-40UM
リール :Daiwa BJ75D
ライン:ナイロン 1.75号
目印仕掛:ナイロン(1.5号/5mmパイプ/25cmピッチ/2.5m)
ハリス:クレハ Seaguar Grand Max 1.2号
針 :伊勢尼 9号(糸オモリ・内オモリ)
餌 :イガイ


■落とし込み仕掛(午後1)
ロッド :Daiwa BJ SNIPER TH-45UM
リール :Daiwa BJ75D
ライン:ナイロン 1.75号
目印仕掛:ナイロン(1.5号/5mmパイプ/25cmピッチ/2.5m)
ハリス:クレハ Seaguar Grand Max 1.2号~1.5号
針 :伊勢尼 9号(糸オモリ・内オモリ)
餌 :イガイ

 

■落とし込み仕掛(午後2)
ロッド :Daiwa BJ SNIPER F-40UM
リール :Daiwa BJ75D
ライン:ナイロン 1.75号
目印仕掛:ナイロン(1.5号/5mmパイプ/25cmピッチ/2.5m)
ハリス:クレハ Seaguar Grand Max 1.5号
針 :伊勢尼 9号(糸オモリ・内オモリ)
餌 :イガイ 

*1:MY HOME TOWN

*2:想像してください。手のひらサイズを...

*3:これもやってみたかったのw

*4:その他釣果の抜粋